カゴ釣りに使うカゴの重さ比較

投稿者:ishikuro

シーズン中なので必然的に釣りの話が多くなる。
最近の釣果は小物ばかりだが、大物を釣るための準備を怠ってはいけないのだ(自戒)。

さて、キッチン用の小型のスケールを購入した。

今までこういうものが家になかったので、面白くていろいろ量っているのだ。
小数点以下は0.5g刻みだけれど、釣り用なら十分だろう。

いろいろ量った結果は下表の通りだ。

1号は3.75gとして計算した。
他のwebサイトで述べられている通り、ジェットタイプのカゴは表記よりも実際の重さがかなり重いことが分かる。
ジェットカゴは、水中で10号程度の負荷となるよう設計されているため、実際の重さはこのようになるんだそうだ。
これらに加えて、天秤やシモリ玉、ウキの重さが加わる。
竿にかかる負担はカゴ+10gと言ったところだろうか。

現在私は宇崎日新のN’s遠投という竿の4号を使っている。
メーカーHPによるとこの竿は12号まで投げることができるとある。
12号はgに換算すると45gなので、この表のカゴでは第一精工のWキャップカゴしか投げることができなくなってしまう。
その他の負荷のことを考えると、投げることのできるカゴはなくなってしまう。
このことはこの記事でも書いたが、気になって仕方ない。
新しい竿の購入にも関わることなので、宇崎日新に電話をして確認した。

私が次に購入を予定している竿はINGRAM 遠投/両軸の3号なので、この竿の耐久性について質問してみた。
やり取りとしては以下のような感じだ。
(ishikuro)Q. INGRAM 遠投/両軸3号は錘負荷5〜10号となっているが、10号にもいろいろある。実際何gまでOKとかのデータはあるのか。
(開発っぽい男性)A. INGRAM 遠投/両軸3号は、錘負荷7〜8号でちょうど良くなるように開発している。ジェットカゴも10号まで投げることはできるが、竿の様子を見て慎重に扱ってほしい。

実際、N’s遠投でもダイワのジェットカゴをぶん投げていたので、竿はかなり余裕をもって設計されているようだ。
INGRAM 遠投/両軸 3号は、アッパーロケットミニ 10号から恐る恐る投げ始めようと思っている。

そうそう、籠師会の師匠曰く「中でシャフトが折れるタイプのカゴはブレや絡みに弱く飛距離も伸びません。」とのアドバイスをもらっている。
ダイワのジェットカゴは使うのをやめて、海幸漁具のアッパーロケットを使って投げ練習に励もうと思う。
こういう大事なことは記事の最後にさらっと書いておく。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です