20180420から同年0421にかけての釣果

投稿者:ishikuro

<釣行時の条件>
場所:周防大島+倉橋
天候:晴れ(前3日の天気:曇晴晴)
気温:25℃くらい
潮汐:中潮
時間:20日23時頃から21日16時頃(周防大島)+21日深夜~22日3時頃にかけて(倉橋)
仕掛:投げサビキ、ちょい投げ*1

*1 投稿内容について追記
友人のルアー情報を以下に記載する。
・ジグヘッド
 アジスタ SS1g / S1.5g
 メバスタ M2g
・ワーム
 月下美人クロスビーム
 月下美人ビビ ビーム

ラインはフロロカーボン2.5lb
2018.05.10 ishikuro

釣果情報はタイムリーなものが命なのに、GWでドタバタしていたら更新が遅れてしまった。
上記の条件で友人と釣りに行ってきたので結果報告をする。

一回戦は周防大島南部をステージとした。
この島には昨年11月の誕生日にアジを7匹いただいた。
忘れることのできない大変ありがたい島だ。
この島に行って未だかつてボウズだったことはない。
イカを釣るつもり満々だったが、この時期はまだお休みとのこと。

二回戦は本来予定していなかったが、周防大島の釣果に気を良くして決行した。
倉橋の鹿島付近まで赴くも釣果には恵まれなかった。
ここでの釣果は全てちびメバルだった。

以下の釣果は全て周防大島での釣果となる。

釣果:
メバル数えきれないほど(持ち帰りサイズ3)、アジ3、メゴチの子供3、キス1、ハゼ1

外道たち:
ちびハオコゼ1、フグ1

メバルはちびメバルが表層をうようよしていた。
友人はエサを使わないので、ルアーでこれらのメバルを釣っていた。
彼は島に到着して最初に数匹メバルが釣れた時は興奮していたが、そのうち「メバルは作業」と言って興味を示さなくなった。
ボトム付近にそれなりの大きさのメバルがいる模様だった。

アジはポイント到着と同時にすぐ釣れたが、時合を逃したのかその後は沈黙状態であった。
メゴチが最初何の魚かわからず、ハゼだと思っていた。キスとともにちょい投げによる成果である。

今回の釣行で、やはり周防大島は天国だということが分かった。
Youtubeで釣りよかとヒカキンがコラボしたのも確かこの島だったので、この島に釣りに行けば何かしら引っ掛かるようだ。

次回への改善点は、主に仕掛けの大幅な見直しだ。
ちょい投げは釣具店のキットをそのまま使っていて今のところ不満はない。
問題は投げサビキだ。
仕掛けが重たすぎるので、せっかくヒットしてもアジの口が切れて取り逃しているように感じる。
次回の釣行では、軽量化した仕掛けでアジにチャレンジをしたい。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です