2017別府ツーリング その1 ~山口県から大分行きのフェリーに乗り込んだ件~

先日の道中記でも書いたように、少し早めの夏休みを取得して、大分県別府にツーリングに行ってきた。
九州に上陸するのは中学の修学旅行以来だから14年ぶりの上陸となる。
大分は日本どころか世界一の温泉地と聞いていたので、温泉好きとしては訪れておかなければと思っていたが、関東に住んでいた頃は遠すぎて全く行く機会がなかった。

結論から言うと、別府は大変気に入った。
ものの例えに「湯水のように」と言うのがあるが、まさしくその湯水が各所からジャカジャカ湧き出ているのだ。
いい機会と思い温泉には10回くらい入った。
もっと入っても良かったくらいだ。
行けなかった場所が多すぎる。
ぜひまた訪れたい。

記事を書き始めてから気づいたのだけれど、アクションカメラのmicroSDをどこかに紛失したらしく、「湯~園地」の動画データの全てとフェリー乗船時など細かい動画データがなくなってしまった。大変遺憾である。
幸い写真はgoogleにパックアップがあるので記事が書ける。
どうも最近物忘れが多くていかんな。

さて、この別府という町は町全体が観光ムードに満ちており、ザ・リゾート(ちょっと朽ちかけている)となっている。

後半の記事に写真と共に記述するけど、別府のちょっと手前までは何もない田舎道なのに、別府が近くなった瞬間いきなりビルなどの建物群が姿を表すのは面白かった。
この別府という都市が、どれだけ観光客や湯治によって訪れる外からの収入に支えられているかがわかる。
最近、訪れた町の活気をはかる指標としてパチンコ店の数などをサラッと見ているのだけれど、明らかに都市の規模とは不釣り合いな大きさのホールや活気を感じとることができた。
運転中や観光中にちらっと見えただけだが、どこも満員近く人が入っている。
このことからもこの都市が立派な観光都市であることがわかる。

いつも通り前置きが長くなった。
さぁバイクの話だ。

広島の自宅から山口県の徳山港に向かった私は、見事にフェリーに乗り遅れ、21時発の最終フェリーを待つことになった。
重ねて言うが利用したフェリーはスオーナダフェリーだ。
運賃は私とバイクで5400円。
チケットを購入し、カフェに避難する前にウロウロしていた時の写真を数枚載せておく。


フェリー乗り場からほど近い工業地帯にて。
この位置から工場夜景を見るとキレイなんだそうだ。

実際フェリーの上から見るとこのように見える(ピンボケ

この後カフェに向かい乗り遅れの記事を書く。

さて、いよいよ乗船だ。
船着き場には私1人とトラックが1台。

係員さん曰くGWなどを除いて、ほとんど混まないんだそうだ。
バイクは次の写真のように固定される。
わりとがっちりだ。

さて、2時間ばかりの航海を楽しむとしよう。
向こう岸に着くのが23時半頃だが、まぁ何とかなるだろう。
こうして大分へのツーリングがスタートした。

その2に続く



最後までご覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページに 当サイトのアンケートを設置致しました。
より良いサイトを作っていきたいと思っておりますので、よろしければご協力お願い致します。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA