エクスプレス予約サービスに登録した話―ビューカード特約による即日利用―

仕事で出張の機会が増え、新幹線をよく利用するようになった。
関西の某都市との往復が多いため、新幹線のエクスプレス予約サービスを利用することにした。
今までは会社のカードを利用していたが、あまりの頻度の多さに個人利用をすることにした。
予定がよく変わるので、個人利用の方が歓迎される風潮はある。
関西には友人も多いしよく行くので、申し込んでみたときの備忘録とする。

エクスプレス予約はwikipediaの説明によるとこうだ。
エクスプレス予約(エクスプレスよやく)とは、『JR東海エクスプレス・カード』および『J-WESTカード(エクスプレス)』の会員を対象とする、東海道・山陽新幹線の会員制予約サービスの名称である。モバイルSuicaと一部の『ビューカード』を併用している利用者も対象としている。

早い話が、新幹線チケットを安く取得できる予約サービスだ。
発車前の座席変更が、いくつかの条件はあるが手数料無料で何度でも行えるため柔軟な運用が可能だ。
このサービスはJR東海とJR西日本が提供していて、手数料が1080円/年かかる。

このサービスを利用するには、次の3通りの方法がある。

  • JR東海エクスプレスカードへ入会
  • JR西日本J-westカードエクスプレスへの入会
  • JR東日本ビューカード(TypeIIは除く)に入会の上、エクスプレス特約に申し込み

私は既にBicsuicaのカードを持っていたし、これ以上カードを増やしたくなかったので、エクスプレス特約を申し込んだ。
エクスプレス特約はモバイルSuicaによるEX-IC利用を前提としたサービスなので、モバイルSuicaへの加入が必要だ。

これのために、モバイルSuicaを利用するためにわざわざ国内版XperiaXZに乗り換えた。
F8132でなんとかfelicaが使えないか検索に検索を重ねたが、どうも無理のようだ。
結局2017年7月現在、海外端末ではモバイルSuicaは使えないのだ。
ちょうど投げ売りされてたしまぁいいとする。

話がそれた。
モバイルSuicaからエクスプレス特約を申し込むと、10日後に会員証が到着し、このカードの情報から会員登録をすることで使用可能になる。

10日も待っていられない。
こういっている間にも次の出張の予定がせまっているのだ。
何とかならないか検索をするととんでもないことが分かった。

ソースはなんとWikipedia
『実際は「ビュー・エクスプレス特約」申込完了後、エクスプレス予約側にて申込情報が登録され次第、会員証到着を待たずともモバイルSuicaにて利用登録が出来、即エクスプレス予約のサービス利用は可能である。』
との記述があった。
なんじゃこりゃ、即時利用可能じゃないか。

申し込みから2,3日経っていたので恐る恐る会員登録をすると…
拍子抜けするくらい簡単に利用登録が出来てしまった。

予約画面にもきちんとログインできるし、何の不具合もない。
実際に乗車もできた。

このエクスプレス予約、3回ほどの乗車で年会費の元が取れるので、盆暮れとあともう一回くらい新幹線に乗る人は加入していて損のないサービスだと思う。
最近新幹線の乗車に関するルールで面白いことを聞いたので、このサービスと組み合わせて面白い周遊の仕方ができないか、研究のし甲斐があるな。

※注意
規約には、乗車時は会員証が必要とされている。
会員証受け取り前にサービスを利用したことにより生じる問題には責任を負えない。
あくまで自己責任で利用して欲しい。

スポンサードリンク


最後までご覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページに 当サイトのアンケートを設置致しました。
より良いサイトを作っていきたいと思っておりますので、よろしければご協力お願い致します。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA