花粉症対策を本気で行った件

三連休は暖かかったので、少しぶらぶらすることができた。
今日が最終日なんて信じられない。と言うか信じたくない。
毎週3連休だったらいいのにと思う。
逆に考えると今週は4日だけ働けばいいのだ。これはこれで良い。

さて、本格的に花粉が飛び始めた。
これがなければ春は最高なのにな。
思う存分バイクに乗りたいので対策を羅列する。

まずはマスク
amazonでは取り扱いがなかった。
前の職場でも使っていたし、サージカルマスクの中じゃ安い部類に入るんじゃないかと思って意外と気に入っている一品。
青くてわかりやすいし(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サージカルマスクARS(ゴム) 50枚入
価格:452円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

 

普段そこらへんの薬局で買えないものが買えるということと、薬局まで行く手間や電車賃を考えると送料の600円くらい払ってもいい気がする。
どうしても送料をケチりたいという方は、下記のような特殊な絆創膏やゴム手袋とかを合わせて買うといいと思う。
ゴム手袋はぴったりフィットするので、愛車の整備や掃除、ちょっと手を汚したくないけど軍手ではダメな時などいろいろ使える。
というか楽天のこのショップ、医療現場で使われているものが諸々揃ってて見つけた時は割とびっくりした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラスモイスト PA3A 未滅菌 125×125mm 3枚入
価格:1274円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シンガーニトリルフィットNo.2100パウダーフリー 200枚入
価格:1468円(税込、送料別) (2017/3/21時点)

 

話を戻そう。

次が今年の主役。
鼻フィルターだ。


これを鼻の穴の中に固定して使う。
会社の先輩に勧められて購入したところ、これ非常に良い。
鼻の中をフィルターを通してクリーンな空気が通ってきているのがわかる気がするし、花粉や粉塵を物理的にシャットアウトできるという安心感がある。
鼻毛では心許ないのだ。
花粉シーズン以外でもライダーにとって良いツールだと思う。

問題は、装着して慣れるまで自分の鼻水で窒息しそうになることと、これがとれてしまうので鼻を思いっきりかめないこと。
やはり、異物感が強いので最初は気になる。
あと私の場合、左側は全くとれないのに、右側はずり落ちてきてしまうということがよくある。
押し込んで使っているけれど、もう少し何とかならないのかなと思うところではある。
使ってみた感じ、今年は鼻の内部が腫れて呼吸しにくくなるといったことはない。
効果は出ていそうだ。

次はメガネだ。
今まで花粉用のメガネを持っていなかったので、Zoffの花粉メガネを買った。

防曇加工をしたレンズ込で5000+税だった。
メガネ安くなりすぎじゃないか…?

と思ったらamazonだともっと安かった。
違うブランドだけどこれとか。

こうやって価格破壊が進んでいくんだなぁ。
バイク乗車時、半ヘル+このメガネで走ってみたところ、目にかなりの巻き込み風を感じた。
バイク用として使えなくもないが、流石に荷が重いと言うことだろうか。

さて、一般的に対策できるラインはここまでで、あとは専門知識のある有資格者のお世話になる。
そう病院だ。

昨年あたりから、組み合わせが決まってきている。
飲み薬はザイザル。
必要に応じて点眼、点鼻薬。
しかし、花粉用のメガネをかけていると目に入る花粉が明らかに減るようで、点眼点鼻薬のお世話になる機会は減ってきている。

そしてお勧めしたいのが、ノイロトロピンと言う注射。
最近にわかに注目されだしている注射で、どうも花粉症に効くらしい。
去年打ったところ、この注射+ザイザルでストレスをだいぶ軽減することが出来た。

成分を調べてみると、「ワクシニアウイルスをウサギの皮膚に注射し、そこで起きた炎症から分離したものが有効成分」
なんていう見るからに怪しく、そして注射する気が失せる文章がヒットする。
おまけになぜ花粉症に効くのかは詳しくは不明らしい。
副作用がほとんどないとはいえ、怪しい薬である。ま、打つんだけど。
もともとは痛み止めだったという。

ここから先は私の勝手な妄想だ。
この薬、脳の痛みを抑制する部分に働きかけるって解説がよくヒットするけど、もうちょっと調べてみるとセロトニン受容体云々の話が出てくる。
私のように鬱気質な人間にとってセロトニンはとても聞き覚えのある物質だ。
めちゃくちゃ乱暴な言い方をするとセロトニンが不足すると鬱になる。
だから、症例にもよるけどセロトニンを増やすようなお薬が処方される。
花粉症は免疫機能の暴走によるものだし、うつは何らかの原因でセロトニンが不足することで起こる。
で、その花粉症に”痛み止め”であるはずの薬が、神経に作用して効果を発揮する。
ってことは、ノイロトロピンは脳に直接作用して痛みを抑制する部分と言うか、異常を起こしている神経をなだめるような作用があるんじゃなかろうか。
何でこんなこと書いているのかと言うと、最近うまくいかないことが多くてふさぎ込みっぱなしだったのだけれど、これを打ってから調子が良いのだ。
プラセボかもしれないけど、朝目が覚めてから身支度に移るまでの気持ちの切替が、明らかにセロトニンが多いときのそれなんだよねぇ…
鬱に効く!とは言わないけど、花粉症が原因で憂鬱になってるくらいなら十分効果あるんじゃないだろうか。
あ、妄想終わりです。

もう一つヒスタグロビン注射と言うものがあるが、こいつはまだ試せていない。
ノイロトロピンの効果が2週間~1ヶ月とのことなので、効果が切れたあたりで検討しようと思っている。
花粉症さえなければ最高の季節なので、うまく対策して色々広島を探検したいものである。



最後までご覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページに 当サイトのアンケートを設置致しました。
より良いサイトを作っていきたいと思っておりますので、よろしければご協力お願い致します。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA