カメラ購入~Olympus Air A01~

2017年9月3日追記
所有から半年ほどで売却しました。
手放した理由として

  • セットアップが面倒
  • 撮影時のセッティングがスマホ経由になるのでどうしてももたつく
  • やっぱり普通のカメラが欲しい

が挙げられます。
ただ、普通に面白い製品だと思うのでもっとスマートにスマホと連携できる類似品が出てきたら買っちゃうんだろうなぁ
追記ここまで

タイトルの通りカメラを購入した。

ちょっと前に同じくOlympusのE-PL1sなんていうマイクロフォーサーズ出始めの機種を使っていたのだけれど、スマートフォンのカメラの性能向上によってすっかり出番がなくなっていた時期に売り飛ばしてしまった。
本体を売ってもなお、レンズ資産は残っていたので、これを活用できる機種がいいなぁとインターネットをうろうろしていたところ、この機種を発見した。

実はアクションカメラも買おうかどうか悩んでいた。
今回このカメラでアクションカメラとの中間的な使用方法ができるかもしれないと思ったことが、購入の最大の決め手となった。
機動力は正義!
暖かくなって出かける機会も増えたことだしね。

さ、レビューにいこうか

箱は次の画像のような感じになっている。
IMG_0177

ボディ色は黒を選択したが、箱の画像は白だ。
“カメラは黒!!”との強固な思い込みからいつも黒を選択してしまう癖を直した方がいい時期なのかもしれない。

店舗で実物を見てから購入しようと都内をウロウロしたが、身近な店舗でAirを扱っていなかった。
購入後の今となっては予想通り、むしろ予想より小さいけどどうすんだこれ!?という感じだ。
web上の画像だとサイズ感がいまいちつかめないので、当ブログでお馴染みAnkerのモバイルバッテリーと比較するとこうだ。
IMG_0178

とても小さく見える。
こんなものがそれなりの大きさのセンサーを備えたレンズ交換式カメラだと誰が気づくだろうか。

このカメラを使用するためには、オリンパス公式アプリの「OA.Central」をスマホ または タブレットにインストールし、指定の手順に従って設定をすることが第一段階となる。
Androidではスムーズに完了したが、iPadではWi-Fiが自宅の無線LANを掴みにいってしまい設定を手動で何回か切り替えることになった。
iOSだと都内のWi-Fiが飛び交う環境での使用に少し苦労しそうだ。

今つけているのは”Panasonic LUMIX G 14mm F2.5″というレンズ。
普段使いはもっぱらこの短焦点レンズだ。
35mm換算で画角28mmということになる。ここら辺の詳しい説明は、丁寧に説明しているサイトが山盛りあるので今回は割愛。
コンデジ時代からこの28mmの画角がとても自分に合っていると感じていて、スナップやら風景やら角度、被写体との距離感もモニターで確認せずともどのような構図になっているかだいたい想像がつくくらい馴染んでいる。
撮る作品はしょぼいけどね(笑)

そういうわけでこのレンズ1本持っていればなにかしらの写真は撮れてしまうわけだ。
そして何よりシステム全体のコンパクトさがすごい。
モバイルバッテリー程度の大きさで、スマートフォンでは全く不可能だった大きいセンサーでの撮影が可能になるのは画期的だと思う。
画質はマイクロフォーサーズ機のそれと遜色ないもので、とても満足だ。

カメラスタイルで撮影するときは、カメラの背面にスマートフォンをマウントするのだけれど、本当にしっかり固定できるのかとても不安に思っていた。
実際は写真の通りカメラから出ている上下2ヶ所の爪でスマホを保持することになる。この際、下のツメが前後に動いてスマホのサイズに合うような形になる。
手に取ってみるとわりと固定されているので、スナップを撮る程度ならこの状態でも問題はなさそうだ。
激しい動きとかはちょっと厳しいかもしれないとも思う。

あわせてこいつ(セルカ棒)を買ったので、アクションカメラとしても活躍してくれることを期待している。

本当はこの製品と組み合わせて、iOS専用アプリ「AIR FLOW」を使った最強の自撮りマシンとして稼働させたいのだが、未着によりレビューできない。
「AIR FLOW」については、またの機会に詳しく書こうと思う。

起動に若干時間がかかったり、周辺が混雑しているときの反応が悪かったりといろいろ気になる点は多いが、今後の可能性にとても期待できるカメラだと思う。
最初にも言ったとおり、気に入っているのはとにかく機動力。このコンパクトさでこの画質を実現できるシステムは他にない。
まだまだ使いこなせていないと感じるところが多いので、今後の活躍に期待だ。
手持ちのオールドレンズ群と組み合わせてどうなるのかなど、今後もこのカメラを使って遊んでいきたい。

余談だが、うちの愛犬はカメラを向けると以下の写真のように、とても表情豊かなリアクションをとってくれる。
DSC_1015

その愛犬の前にOlympus Airを放置して、動体検知によりシャッターを切る設定で動作させた画像が以下だ。
IMG_0202
(ナニコレ…)

このように普段撮れない素の写真が撮れるのは本当に面白い。

 

スポンサードリンク


最後までご覧いただき、ありがとうございます。
こちらのページに 当サイトのアンケートを設置致しました。
より良いサイトを作っていきたいと思っておりますので、よろしければご協力お願い致します。


にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ
にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA